最新から懐かしまでのゲーム情報をお届け!

ゲームが好き。最新情報や攻略をお届けします!

MENU

人気シリーズ龍が如く4がPS4で発売!

こんばんは!初めまして。

前回は簡単な挨拶ブログを投稿しましたが

今回は初ゲームのことを

記事にしていきたいと思います。

初めて記事にするゲームは何にしようか

すごく考えたんですが

完全に直感でピン!と来たので

このゲームにしようと思います。

完全新作というわけではないのですが

「龍が如く4 伝説を継ぐもの」PS4版

ついて書いていきます。

f:id:isakichihappyLife:20190106094342j:plain

もともとはPS3で発売された

龍が如く4がPS4で発売されるので

PS3との違いや龍が如くを

プレイしたことがない方にも

わかりやすく書いていきたいと思います。

ちなみに余談ではありますが

いさきちは最近PS4を購入したので

関心があるのともともと

龍が如くが好きなので選びました。

龍が如くの歴史

さて今やかなりの人気作になっている

龍が如く。

シリーズ作品はもちろん

スピンオフコラボ作品

過去作品のリメイクなどたくさんの

ソフトが発売されているので

この機会に振り返ってみたいと思います。

 ・龍が如く

f:id:isakichihappyLife:20190106094558j:plain

2005年12月8日にPS2から発売された処女作

伝説の男と100億の少女をキャッチコピーに

神室町を舞台にストーリーは

進んでいく

・龍が如く2

f:id:isakichihappyLife:20190106095126j:plain

2006年12月7日にPS2で発売。

偶然だと思うが前作「龍が如く」の

発売日の1日違いなのは

ファンにとっては嬉しい要素の1つのような気がする。

今作では舞台が

東京神室町から大阪

移っている。

とはいえ完全に大阪が舞台なのではなく

進行に合わせて

東京と大阪を行き来することになる。

大阪ではおなじみ

グリコの看板や道頓堀

(ゲーム内では蒼天堀)

登場するので大阪ならではの

景色をぜひ堪能してほしいと思う。

また声優に多数の芸能人が

起用されているのも特徴。

キャッチコピーは

「そして本物の龍は、

唯一孤高の伝説となる」

・龍が如く3

f:id:isakichihappyLife:20190106095254j:plain

2009年2月26日にPS3で発売。

龍が如く2の続編であり

舞台はおなじみ東京神室町と

沖縄の繁華街。

龍が如く2に続き今回も多数のタレントが

声優として起用されている。

タレントだけではなく

「小悪魔ageha」のモデルも登場している。

キャッチコピーは

「伝説の龍が帰ってきた」

・龍が如く4 伝説を継ぐもの

f:id:isakichihappyLife:20190106095320j:plain

2010年3月18日にPS3から発売。

今までの作品は主人公は桐生一馬

一人であったが

今作は桐生一馬を含めた

計4人が主人公として登場する。

前回同様、多数の芸能人が

声優として起用されており

また今作からタレントは

フェイスキャプチャーを使用し

まるで本人が出演しているかのように

ゲームを楽しむことが出来る。

キャッチコピーは

「それは熱き男達の奇跡の記録」

・龍が如く5 夢、叶えし者

f:id:isakichihappyLife:20190106095431j:plain

2012年12月6日にPS3で発売。

前作同様複数の主人公が登場。

新たに澤村遥(龍が如くに登場)が

主人公として加わっている。

また希望登場都市について

アンケートが行われており

札幌、名古屋、大阪、福岡の4都市が

アンケートによって決定

その後東京も加えた5都市によって

ストーリーは進行していく。

・龍が如く0 誓いの場所

f:id:isakichihappyLife:20190106095456j:plain

2015年3月12日発売。

PS3とPS4で発売。また今作では初となる

プラットフォームSteamから

発売された。

Steamはゲームを購入後ゲームの使用権を登録すれば

インターネット環境のある

パソコンであればインストール

プレイが可能になっている。

インストールしてプレイできるという

手軽さの反面、

パッケージは残らないので

昔から龍が如くをプレイしていて

全てパッケージを揃えていて

パッケージも含めて作品と

思っている方には少々物足りなく

感じるかもしれない。

・龍が如く6 命の詩 

f:id:isakichihappyLife:20190106095520j:plain

2016年12月8日発売。

今作はPS4独占発売でキャラのグラフィック

質感がアップしている。

またシステムも一新し

より楽しめる内容となっている。

キャッチコピーは

「桐生一馬伝説、最終章」

キャッチコピーからもわかる通り

一区切りついた作品となっている。

その他にもスピンオフ、リメイク

コラボと幅広く発売している龍が如く。

2019年1月に発売される龍が如く4PS4版の

追加要素や主人公について

触れていきたいと思います。

龍が如く4 伝説を継ぐもの(PS4版)主人公

主人公については特に変更点はないが

物語の重要な要素だと思うので

書いていきたいと思います。

桐生一馬

f:id:isakichihappyLife:20190106100036j:plain

言わずとしれたシリーズを通して

全てに登場している主人公。

ヤクザでありながら情に熱く仲間思い。

強面な見た目から恐れられる部分があるが

弱いものを助けたり筋の通っていないことはしない

ところは非常に好感が持てる。

いさきちが個人的に好きなのは龍が如くで

不良集団(?)に

犬が石を投げられたりしているところで

間一髪のところで石をキャッチして助けるところ。

あれは本当にかっこいいと思ったし痺れました。

こういうことをスッと出来るのは

本当にかっこいいですね。

秋山駿

f:id:isakichihappyLife:20190106100054j:plain

神室町で「スカイファイナンス」という街金を経営している。

「無利子無担保でお金を貸す」と打ち出しているが

実際は

秋山が出したテストに合格することが条件となっている。

気さくで明るく振る舞う一方で

間違った行動をしている人には

しっかりと厳しい対応をすることが出来

根は真面目な人ではないかと思う。

また同時にキャバクラも経営しており

経営難に陥れば

自ら率先して指揮をとるなど

ほったらかしにはしないのでその姿勢が

素晴らしくかっこいいと思う。

ただその分やはり

多忙な人なのではないかと

いう印象を受ける。

事務所で花ちゃんと喋っている

秋山が一番リラックスしているように

受け取れる。

冴島大河

f:id:isakichihappyLife:20190106100045j:plain

4人の主人公の中で唯一関西弁を

話すキャラで強面で

屈強な見た目をしている。

主人公である4人はそれぞれ様々な過去を経験し

辛い思いをして来ているが

いさきち的には

冴島大河が一番波乱万丈だと思う。

25年という月日を刑務所で

死刑囚として過ごしている。

死刑執行まで数日と迫ったある日

沖縄の刑務所に移送される。

その後隙を見て脱獄をし

桐生と出会う。

桐生と遥に傷の手当てを受け目を覚ました冴島は

桐生が買い物に行っている間

(実際は買い物には行っていない)に

遥の元から立ち去る。

沖縄から25年前の真相を確かめるべく

東京の神室町に現れる。

25年もの歳月の間に街の

様子は変わっており

おそらくは戸惑っていたと

思われる。

キャバクラに興味はない

カラオケは歌わない

横文字が苦手など

都会に馴染めない部分が多々ある。(それは仕方ない)

趣味は、木像作り。

厳つい見た目に反して温厚な一面があり

人情味溢れる性格で

見た目とのギャップに驚くかもしれない。

見た目厳ついひとが実は優しくて

面倒見がいいというこのギャップが

たまらないという人もいるのではないだろうか。

谷村政義

f:id:isakichihappyLife:20190106100106j:plain

今作の主人公の中でただ一人刑事なので

また違った視点から

見ることが出来るのでは

ないだろうか。

年齢も29歳で4人の中では一番若い。

警視庁神室署生活安全課所属の刑事

中国語、韓国語、タガログ語の3ヶ国語を

話すことが出来

現地人レベルと言われている。

勤務中に競馬中継を聞く、雀荘に入り浸る

賄賂を受け取るなど

勤務態度が悪く疎まれているがその実

そのお金で身寄りのない孤児たちを

支援している。

谷村政義においておそらく関心があるのは

声優ではないだろうか。

PS3版では成宮寛貴さんが演じているが

現在は芸能界を引退しているため

PS4版では増田俊樹さんが起用されている。

声が変わることで違和感を覚えることも

あるかもしれないし

慣れるまでに時間がかかるかも

しれないが根気強くプレイして

途中で投げずに放り出さずに

プレイして欲しいものである。

PS3版とPS4版の違い

ストーリーにおいて変更点は特にないが

先ほども書いた通り

谷村政義のセリフを一部修正する

必要があるため再収録の運びとなったが

声優のキャスティングが変更されている。

それ以外ではストーリーにおいては

PS3版とは

変わった点はないが

解像度が720pから1080p

フレームレートが

30fpsから60fpsに変更されている。

解像度→ビットマップ画像における

    画素の密度を示す

    数値である。

    ちなみに 

    ビットマップとは

    CGにおける

    画像の表示形式のこと。

フレームレート→動画において

        単位時間あたりに

        処理させる

        フレーム数

        (静止画像数

         コマ数)のこと。

        通常、1秒あたりの

        数値で表し

        fpsという単位で

        表す。

 

PS3版でも綺麗な映像でゲームを

楽しめていたと思うが

PS4でリマスターされることにより

更に高画質で龍が如くの世界を

体験することができる。

発売に関する情報

発売日:2019年1月17日

価 格:3,990円(税別)

パッケージ版・ダウンロード版があり

共通特典として

オリジナルサントラの

プロダクトコードをご用意!

パッケージも作品の一つ

手に取ってみたい方はパッケージ版を

手軽に便利にすぐ遊びたい!って方は

ダウンロード版を

個々に合った方を選んで

龍が如く4の世界を楽しみましょう!

まとめ

「龍が如く」シリーズは

「大人向けのエンタテイメント」を

コンセプト

2005年に生み出された。

「愛、人情、裏切り」をテーマに

男たちの熱い生き様を描いている。

累計出荷本数は1,100を超える人気作品。

シリーズ全部プレイしているという

根っからの龍が如くファンも

プレイしたことはないが

やってみようかなという方も

この機会にプレイしてみては

いかがでしょうか?

今後は龍が如く5もPS4版で

リマスターが発売されることが

決まっておりまだまだ人気作品は

加速していくと思われるので

ぜひ体験していただきたい。

ちなみにいさきちは、初めて

「龍が如く」をプレイしたとき

街中での喧嘩ですごく

スッキリしたのを覚えています^^

それでは最後までお読みいただき

ありがとうございました。